最古の微笑み

奈良の飛鳥寺の「飛鳥大仏」に会いに行った

600年代 韓国から来られた止利仏師によりつくられた日本最古の仏像です。

このお寺はカメラ自由.
どうぞどうぞ撮ってくださいと住職さんがすすめてくれるほどです。

この自由さがたまらなくって 何度も伺ってます。

ほっぺに傷バンを貼ったような修理のあとでわかるように 何度も火災などの災害に会っては助けられています。 



高校の社会見学の時 住職さんが仏像になり変わって火災で村人に助けられた様子を話してくれたのを思い出します
f0148632_22573750.jpg



トラックバックURL : https://kyokosank.exblog.jp/tb/23530517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぶつぞう at 2015-01-09 23:55 x
何度も災難に遭って痛々しい姿の仏像ですね。ぶつぞうと言われて頬を出されて、身代わりになられたのかも知れませんね。
かわいそうな方です。
Commented by kyokosank at 2015-01-10 09:37
ぶつぞう」様
はい、ほんとにあちこち手当だらけの仏さんです。
でも こうして1400年以上たっても立っている(?)そう身代りにぶつぞうかもしれません。
なかなかマネできません
私ならやり返すか逃げるでしょう。
強い方です。
名前
URL
削除用パスワード
by kyokosank | 2015-01-09 22:45 | Trackback | Comments(2)

気にいった写真をちょっと 時々ブツブツ


by kyokosank